宮城のニュース

災害資金返済で電話相談 仙台弁護士会 あす無料で

 仙台弁護士会は25日、東日本大震災で被災し、市町村から災害援護資金の貸し付けを受けた人を対象に無料の電話相談窓口を設置する。
 災害援護資金は、市町村が被災者に生活再建資金を原則無利子で貸し付ける制度。県内ではこれまでに約2万4000人が計405億円の貸し付けを受けた。
 返済猶予期間は6年。2011年度に借り入れた人は本年度に返済が始まったが、生活再建が進まず、返済が滞るケースが続出することが懸念されている。
 電話相談は午前10時〜午後4時。連絡先022(265)1206。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月24日火曜日


先頭に戻る