宮城のニュース

<陸羽東線全線開業100周年>とろり美肌の湯にプレミアムな誘い 大崎・中山平温泉がキャンペーン

湯めぐりスタンプラリー用の温泉マップ(右)とキャンペーンチラシ

 宮城、山形両県を結び、11月1日に100周年を迎えるJR陸羽東線(小牛田−新庄間)の全線開業を記念し、沿線にある大崎市の中山平温泉旅館組合(加藤素行組合長)は宿泊割引証などが当たるプレミアムキャンペーンを実施している。
 全線開業は1917(大正6)年11月1日。キャンペーンは、全線開業と同時に利用が始まった地元の中山平温泉駅(大崎市)の100周年記念も兼ねている。
 キャンペーンは中山平温泉にある10の温泉施設が対象。11月30日までの期間中に応募した宿泊客の中から100人に、有効期限1年間の入浴・宿泊割引証付き記念カードをプレゼントする。さらに、10施設の「湯めぐりスタンプラリー」の達成者のうち5人に、温泉のマスコットキャラクター「ゆころん」が描かれたのれんと1万円分の宿泊券を贈る。
 中山平温泉は国内にある10泉質のうち5泉質があり、メタケイ酸を多く含む、とろりとした美肌の湯として知られる。加藤組合長は「陸羽東線の全線開業100周年を契機に、中山平温泉の魅力を多くの人に知ってもらいたい」と来訪を呼び掛ける。連絡先は同組合090(4042)3744。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月24日火曜日


先頭に戻る