宮城のニュース

<E番ノート>アウェーの中で

 ソフトバンクファンで埋め尽くされたヤフオクドーム。左翼席にはクリムゾンレッドに染まった一角があった。東北楽天が連勝した第1、第2戦はいずれも100人程度。連日3万を超える相手ファンが詰め掛けたのだから、東北楽天にとって完全アウェーの状態だった。
 「ファン仲間のみんなに恨まれてでも応援するよ」。福岡県大野城市の椛島真知子さん(59)は同球場の年間シートを持つ筋金入りのホークスファン。しかし、今季ソフトバンクから加入した細川亨捕手を以前から応援しており、東北楽天の試合に限り、「私もファンを移籍しました」と笑う。
 細川が西武からソフトバンクに移籍した2011年春季キャンプ。サインをもらおうとした際、ペンのキャップが開かなかった。「歯で開けていいですか」。細川の渋い声と大胆な振る舞いに触れ、一気にほれ込んだ。
 東北楽天にも、「選手が行儀良く、ファンの皆さんも温かい」と愛着が湧いているという。日本シリーズは逃したが、心強い応援団がいる。(剣持雄治)


2017年10月24日火曜日


先頭に戻る