福島のニュース

<衆院選福島>福島県4市町で投票用紙誤交付

 福島県選管は県内4市町の衆院選投票所で22日に投票用紙の交付ミスなどがあったと公表した。
 いわき市の1カ所では、13人に本来の比例代表ではなく小選挙区の用紙を交付した。政党名を書いて投票されたケースは無効票の扱いとなった。
 他に福島、須賀川両市で1人に2枚を渡す二重交付があり、南会津町では1人が登録場所と異なる投票所で小選挙区の投票を行った。福島市では21日の期日前投票でも二重交付があった。


2017年10月24日火曜日


先頭に戻る