広域のニュース

<衆院選東北>立民の阿久津氏最後の議席獲得 比例東北

 22日投開票の衆院選比例東北ブロック(定数13)で、立憲民主党単独3位の元議員阿久津幸彦氏(61)が最終の13議席目に入り、通算4度目の当選を決めた。
 阿久津氏は23日未明、東京都内で当確の知らせを聞き「東北の候補者として当選できて本当にうれしい」と述べた。
 阿久津氏は東日本大震災直後、旧民主党政権で内閣府復興担当政務官を務めた。前回(2014年)、旧民主党公認で東京24区に立候補して落選。復興支援のNPO職員として仙台市を中心に活動していた。


2017年10月24日火曜日


先頭に戻る