宮城のニュース

<サン・ファン号>宮城県が複数案提示 検討委第2回会合

サン・ファン・バウティスタ号復元船=2016年11月、石巻市渡波

 宮城県石巻市の県慶長使節船ミュージアムにある復元船サン・ファン・バウティスタ号の老朽化問題で、今後の在り方を考える検討委員会の第2回会合が24日、県庁であった。
 県の担当者が、新しい復元船の大きさや再現の程度、展示方法などについて複数の組み合わせ案を提示。子どもや国内外の観光客を重視するミュージアムのコンセプトも示された。
 出席した11人の委員からは「先人の偉業を伝えるため、実寸大の大きさが望ましい」「税金の投資価値があるかを判断する材料がほしい」などの意見が出た。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月25日水曜日


先頭に戻る