宮城のニュース

紫や白、黄色の大輪 秋彩る2500鉢咲き誇る 宮城・柴田で菊花展

大輪の花が咲き誇る大菊花展

 宮城県柴田町の秋の風物詩「みやぎ大菊花展柴田大会」(実行委員会主催)が、町内の船岡城址公園で開かれている。
 県内各地の愛好家が育てた紫や白、黄色の菊約2500鉢が並んだ。富士山や五重塔のように飾り付けた展示もある。
 長田達雄実行委員長は20日の開幕式で「出品者が情熱を注いで育てた菊を多くの人に見に来てもらいたい」とあいさつした。実行委によると、今月末が見頃のピークという。
 11月13日まで。午前9時〜午後4時。入場料は中学生以上200円、小学生100円、未就学児無料。期間中、土日祝日にはミニコンサートや踊りの披露がある。連絡先は町商工観光課0224(55)2123。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年10月25日水曜日


先頭に戻る