宮城のニュース

<楽天>梨田監督続投決定「今年以上の成績残す、全体的な底上げを」

 東北楽天は25日、梨田昌孝監督が来季も続投することを正式に発表した。梨田監督は東京都内の楽天本社でシーズン報告した席上で三木谷浩史オーナーから正式に要請され、受諾した。来季は就任3年目となる。1年契約で年俸は1億円。
 梨田監督は三木谷オーナーから「優勝してほしい」と激励されたことを明かし、「(3位だった)今年以上の成績を残す。(戦力の)全体的な底上げをしないといけない」と語った。
 今季は開幕から首位を快走したが、8月中盤から失速した。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでは、ソフトバンクに2連勝した後に3連敗して敗退。「後半の失速は申し訳なかった。精神的な部分を含め、大きな連敗を避ける野球をしないといけない。(CSで)勝ち切れなかった反省を来季に生かしたい」と抱負を述べた。
 新人の藤平、森原、高梨らが1軍の戦力として台頭した一方で、チーム盗塁数は42と、リーグで2番目に少なかった。オーナーから「機動力野球」の注文もあったといい、「できることは全てやる。11月の秋季キャンプから来季につなげたい」と話した。(金額は推定)


2017年10月26日木曜日


先頭に戻る