宮城のニュース

秋の鳴子の魅力を紹介 美里フォトクラブが小牛田駅で写真展

秋の鳴子の魅力を紹介した写真展

 宮城県美里町などに住む60〜70代の写真愛好家3人でつくる美里フォトクラブ写真展が、JR小牛田駅構内の美里町総合案内所で開かれている。29日まで。
 クラブ会員が昨年10月、大崎市の鳴子地区で撮影した写真28点を展示。色づき始めた鳴子峡をはじめ、岩堂沢ダムにある蛍泉湖、山間部の稲刈りや観光客の様子など、秋の鳴子の様子をさまざまな角度から紹介している。
 志摩勝彦会長(63)は「紅葉真っ盛りの鳴子峡に足を運ぶ人は多いと思うが、それ以外にも見どころが多いと知ってほしい」と話す。
 入場無料。午前9時〜正午、午後1〜5時。月曜休館。最終日は午後3時まで。連絡先は町総合案内所0229(31)1801。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年10月27日金曜日


先頭に戻る