宮城のニュース

主役は華やか衣装の女の子 女川町でファッションショー

華やかな衣装に身を包んだ女の子たちが出演したファッションショー

 東日本大震災からの復興が進む宮城県女川町中心部で8日、町内外の子どもや若者らが出演するファッションショーが開かれた。女の子たちは色とりどりの衣装で特設のランウェイを歩き、観客らを魅了した。
 町民有志らでつくる「ONAGAWA FASHION SHOW」実行委員会が開催し、昨年に続き2回目。JR女川駅前から女川湾に向かって伸びるプロムナードに設置されたランウェイを、4〜20歳の28人のモデルたちが生き生きとした表情で歩いた。
 総合プロデューサーを務める2012年ミス・ユニバース日本代表の原綾子さん(仙台市出身)らプロのモデルによるステージも行われた。出演した女川町の紺野六花(りっか)ちゃん(4)は「(観客が)たくさん拍手をしてくれてうれしかった」と喜んだ。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年10月27日金曜日


先頭に戻る