福島のニュース

<エアレース>室屋さんに福島市が「ふるさと栄誉賞」授与へ

室屋義秀さん

 福島市は25日、小型プロペラ機によるレッドブル・エアレース世界選手権で初の年間王者となった福島市在住の室屋義秀さん(44)に「ふるさと栄誉賞」を授与すると発表した。
 小林香市長は同日の定例記者会見で「たゆまぬ努力で偉業を達成した姿は市民を元気づけた。航空イベントを通し、東日本大震災の復興支援にも尽力した」と理由を説明した。
 栄誉賞は1999年に創設され、室屋さんは4人目。これまでに同市出身で女子バスケットボール元日本代表の萩原美樹子さん、市内の花見山公園の存在を広めた写真家の故秋山庄太郎さん、同公園園主の故阿部一郎さんに贈られている。


関連ページ: 福島 社会

2017年10月26日木曜日


先頭に戻る