宮城のニュース

<ドラフト>DeNA8位・楠本泰史外野手(東北福祉大)「技術に自信」

楠本泰史外野手

 東北福祉大の楠本は、DeNAの指名を受け「最後は不安だった。指名していただき光栄に思う」とほっとした表情。小中学校時代を横浜市で過ごし、「DeNAは地元で親近感がある」と喜んだ。
 俊足巧打の外野手。仙台六大学リーグで通算99安打を放ち、最優秀選手に2度選ばれた。大学日本代表では8月のユニバーシアード夏季大会で4番を務め、2連覇に貢献した。
 小中学校の同級生で、東北楽天の松井裕との対戦を望む。「バットの芯に当てる技術に自信がある。安打も本塁打も打てる選手になる」と力を込めた。

[楠本泰史(くすもと・たいし)外野手=東北福祉大=]大学日本代表の4番。バットコントロールが巧みで50メートル6秒の俊足。埼玉・花咲徳栄高出。180センチ、77キロ。右投げ左打ち。22歳。


2017年10月27日金曜日


先頭に戻る