広域のニュース

<ドラフト>東北関係は14人

 26日に行われたプロ野球のドラフト会議で、東北関係からは、馬場皐輔投手(仙台大)が阪神から、吉住晴斗投手(山形・鶴岡東高)がソフトバンクから、それぞれ1位指名された。
 ほかに阪神3位の熊谷敬宥内野手(立大)オリックス5位の西村凌捕手(SUBARU、青森山田高出)ロッテ5位の渡辺啓太投手(NTT東日本、福島・いわき光洋高−神奈川工大出)日本ハム6位の鈴木遼太郎投手(東北学院大)DeNA8位の楠本泰史外野手(東北福祉大)に東北楽天の西巻と育成6選手を含め、計14人となった。


2017年10月27日金曜日


先頭に戻る