宮城のニュース

<楽天>松井稼頭央の退団 正式に発表 現役続行希望、他球団でのプレー目指す

 東北楽天は27日、松井稼頭央外野手(42)と来季の契約を結ばないと発表した。コーチ就任やフロント入りを打診したが、本人は現役続行を希望して退団を選んだ。今後は他球団でのプレーを目指す。
 松井稼は大阪・PL学園高から1994年にドラフト3位で西武に入団。2004年から米大リーグで7年間プレーした。11年に東北楽天で日本球界に復帰し、13年は主力として球団初の日本一に貢献した。今季は若手の台頭もあって44試合の出場にとどまり、打率2割1分1厘、2本塁打、10打点だった。


2017年10月28日土曜日


先頭に戻る