岩手のニュース

「はらぺこあおむし」作家の企画展、盛岡市できょう開幕

エリック・カール「はらぺこあおむし関連作品原画」(c)Eric Carle

 幼児向け絵本「はらぺこあおむし」で知られる米国の作家エリック・カールさん(88)の作品を集めた企画展が28日、盛岡市の岩手県立美術館で始まる。色鮮やかな原画や「ダミーブック」と呼ばれる下絵など約160点が並ぶ。12月10日まで。
 まだ日本では出版されていない最新作「ナンセンス・ショウ」の原画も展示。絵本作品に加えて舞台の衣装デザインや彫刻作品を紹介し、半世紀にわたる創作活動の歩みをたどる。
 浜淵真弓主任専門学芸員は「色紙を切り貼りしてコラージュで仕上げるのがカール作品の特徴。親子で原画を鑑賞し、その魅力を味わってほしい」と話す。
 午前9時半〜午後6時。月曜休館。一般1200円、大学生と高校生700円、小中学生500円。連絡先は県立美術館019(658)1711。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2017年10月28日土曜日


先頭に戻る