岩手のニュース

岩手・岩泉町長が長期の入院 豪雨対応で心労

 岩手県岩泉町は28日、伊達勝身町長(74)が心的外傷後ストレス障害(PTSD)で盛岡市内の病院に入院したと発表した。入院期間は1〜3カ月の見込み。中居健一副町長が30日から職務代理者を務める。
 同町は昨年8月の台風10号豪雨で甚大な被害を受けた。町によると、伊達町長は被災直後から心労による体調不良が続いており、25日にPTSDと診断された。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年10月29日日曜日


先頭に戻る