広域のニュース

<わたしの道しるべ>若者定着へ環境づくり

◎アニメ制作会社「MAPPA」社員 川越恒さん(32)=東京都杉並区

 東京のアニメーション制作会社「MAPPA(マッパ)」で各作品の人員や予算を管理するプロデューサーをしています。来年4月に仙台市に新設するスタジオの所長に就く予定です。
 アニメ制作は通常、フリーランスのアニメーターや演出家に多くの仕事を外注します。彼らは働く時間帯もペースもバラバラなので、作業全体の進行を管理する社員はそれに振り回され、長時間労働になりがちです。人材の定着を妨げる業界全体の課題と言えます。
 仙台スタジオは市内の専門学校と連携して自社のアニメーターを採用、育成します。将来的にアニメ制作を社内スタッフだけで完結できるようにして作業の効率を高め、社員の働き方も改善する狙いがあります。
 仙台出身で就職を機に上京しました。映像関係の会社は関東や関西に集中しており、今も状況は同じです。首都圏への人材流出が問題になっていますが、仙台スタジオの取り組みを通じ、東北でも若い人が好きな仕事に就ける環境をつくりたいと思います。


関連ページ: 広域 社会

2017年10月29日日曜日


先頭に戻る