宮城のニュース

<高校サッカー宮城県大会>東北学院、仙台城南に逆転勝ち

仙台城南−東北学院 後半39分、決勝ゴールを決めて喜ぶ東北学院・前田

 29日、宮城県利府町の宮城スタジアムで準決勝があり、仙台育英と東北学院が決勝進出を決めた。仙台育英は5大会ぶり32度目、東北学院は30大会ぶり5度目の全国大会出場を目指して対戦する。
 仙台育英は前半9分に先制。後半16分には追加点を奪い、東北を2−0で下した。東北学院は前半37分に同点とし、後半39分には決勝点を挙げて仙台城南に2−1で逆転勝ちした。
 決勝は、11月4日正午から仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われる。

◎終盤に勝ち越し弾

 ▽準決勝
東北学院 2−1 仙台城南
  前半 1−1
  後半 1−0
▽得点者【東】加藤、前田【仙】遠藤未

 【評】東北学院が逆転勝ち。0−1の前半37分、三浦の右クロスを加藤が右足で合わせて同点。後半39分には佐藤未のパスを受けた前田が左足で決めた。仙台城南は前半7分に先制した後の決定機を生かせなかった。

<前田「好機ものにできて良かった」>
 東北学院が30大会ぶりの全国切符獲得に王手をかけた。序盤に先制を許しながら粘り強さを発揮。同点で迎えた後半終了間際、相手選手から奪ったボールをつなぎ、前田が冷静にゴールへ流し込んだ。前田は「最後の好機をものにできて良かった」と喜ぶ。
 途切れない集中力は悔しさが培った。県高校総体で準優勝し、開催地枠で出場した全国高校総体(南東北インターハイ)で初戦敗退。小林主将は「『次こそ全国で勝つ』と強い気持ちを持って練習した」と言う。決勝で当たる仙台育英には県高校総体決勝で敗れている。「必ず勝って雪辱する」と前田。目標への最後の関門を粘り抜いて打ち破る。

<4強の壁厳しく/仙台城南・石渡主将(先制生かせず逆転負け)>
「持ち味の堅守速攻を心掛けて先制ゴールにつなげたが、その後は気の緩みがあったのかもしれない。昨年に続いて準決勝で敗れた。4強の壁を超えるのは簡単ではなかった」


2017年10月30日月曜日


先頭に戻る