宮城のニュース

<仙台南北線>落ち葉で車輪滑りオーバーラン 黒松駅

  30日午後1時半ごろ、仙台市地下鉄南北線黒松駅で、泉中央発富沢行き4両編成の列車が停止位置を約40メートル過ぎて止まった。列車はバックして客を乗降させた。黒松駅北側は地上区間。市交通局は強風のため、ぬれた落ち葉が線路に積もって車輪が滑り、オーバーランしたとみて調べている。列車は黒松駅を約2分遅れで出発し、約1400人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月31日火曜日


先頭に戻る