福島のニュース

震災と原発 複合災害の教訓世界発信へ 福島・富岡のアーカイブ施設、基本構想まとまる

富岡町が保管している被災した時計。針は津波第2波の到達した午後3時35分(上)と震災発生の午後2時46分付近(下)でそれぞれ止まっている

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故などを伝承するため、福島県富岡町が計画するアーカイブ施設の在り方を検討してきた町民会議は30日、基本構想をまとめ、提言書を町に提出した。複合災害の教訓を世界に発信する役割を果たすことなどを求めた。
 提言書を受け取った宮本皓一町長は、2020年度中の完成を目指すことを説明。建設場所は町文化交流センター「学びの森」周辺とする方針を明らかにした。完成時期の目標は当初の19年度中からずれ込む。
 提言書は役割として(1)地域の歴史と災害の実態を後世に伝える(2)大規模災害時の資料保全手法を全国に伝える−ことなども盛り込んだ。整備する機能には「学習交流」「発信」「展示」「収蔵庫」などを挙げた。
 町は今後、有識者による部会に基本計画を検討してもらう方向。収蔵スペースなども含め、4000〜5000平方メートルの広さが必要とみられる。財源は国の補助金を活用する予定。
 町民会議会長で福島県博物館の高橋満主任学芸員は「震災遺産などを守る町の活動の成果を還元する一方、被災した町民の経験に寄り添う施設になればいい」と期待した。宮本町長は「1000年に一度の災害を肌で感じ、恐ろしさを世界へ発信したい」と述べた。
 町はこれまで、民家にあった古文書や民具などの地域資料約2万8000点と、津波被害を受けた時計やパトカーといった震災遺産約5600点を保全。今年3月には全国初の震災遺産保全条例を制定した。象徴的な遺産の認定制度も検討しており、本年度中に第1号を認定する方向という。


2017年10月31日火曜日


先頭に戻る