宮城のニュース

<仙都タクシー>トヨタの新型「JPN TAXI」宮城県内で初導入

仙都タクシーが導入したジャパンタクシー

 仙都タクシー(仙台市)は31日、トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)が製造する新型タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を宮城県内で初めて導入した。1日に市中心部で運行を開始する。
 購入したのは上級グレードのミニバン型。高齢者や大柄な訪日外国人旅行者(インバウンド)が乗り降りしやすいように床が低く、天井が高い。スライド式ドアで乗り口も広くなった。
 乗客がエアコンを調節でき、スマートフォンの充電もできる。運賃は従来の小型と同じ初乗り670円。
 仙都は黒塗りタクシー15台、白塗りタクシー45台を保有。今後、黒塗りをジャパンタクシーに替えていく。白塗りは今年1月、ミニバン「シエンタ」への切り替えを始めた。
 山下明宏常務は「話題の新型車で乗客の反応が楽しみ。進化した乗り心地を体験してほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月01日水曜日


先頭に戻る