宮城のニュース

<巨人>育成3位 福祉大笠井意気込み「強みを発揮したい」

指名あいさつを終え、柏田スカウト(左)と笑顔で握手を交わす笠井。右は福祉大の大塚光二監督

 巨人から育成ドラフト3位で指名された東北福祉大の笠井駿外野手(22)が31日、仙台市の東北福祉大で球団の柏田貴史スカウトらから指名のあいさつを受け、「すごく緊張したけど、(プロになる)実感が湧いてきた」と意気込んだ。
 笠井は50メートル走で5秒7の俊足が持ち味。「まずは守備やスピードで自分の強みを発揮し、最終的には中距離打者としても活躍したい」と抱負を語った。柏田スカウトは「身体能力が高く、プロの下地を持っている。実力を一つずつ上げていき、(巨人の)長野久義外野手のような選手になってほしい」と期待した。


2017年11月01日水曜日


先頭に戻る