宮城のニュース

2病院結ぶ市バス運賃を100円均一に 栗原市、来年4月から

 宮城県栗原市の千葉健司市長は1日の定例記者会見で、同市瀬峰の県循環器・呼吸器病センターと築館地区の市栗原中央病院間を結ぶ市バス玉沢線の運賃を、2018年4月から100円均一にする方針を明らかにした。
 センターの診療機能が19年4月までに、段階的に中央病院に移管することを受け、瀬峰地区のセンター利用者の通院手段を確保するのが狙い。センターと中央病院間の運賃は現在500円で、実現すれば5分の1になる。
 千葉市長は4月の市長選で市内を100円均一で巡る市バスの導入を公約に掲げていた。千葉市長は「市全域での100円バス実現に向け、現行の路線を含めた公共交通網の見直しを図っていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年11月02日木曜日


先頭に戻る