宮城のニュース

<いちおし土産>そのまま召し上がれ 乃が美はなれ仙台店(仙台市青葉区)の高級「生」食パン

焼かずにおいしく食べられる「生」食パン

 大阪発祥の人気の「生」食パンの店が9月、仙台に初出店した。東北でも初の店舗。扱っている商品は食パンだけだ。
 トースターで焼く必要がなく、バターやジャムなどを塗らずに食べられるのが特徴。十分な弾力があり、ほんのりと甘い。
 原材料はカナダ産の高級小麦粉にハチミツと生クリームを加え、甘みを出している。アレルギーにも気を配り、卵は使用していない。
 「オープン当初は売れるかどうか不安だった」。阿部秀紀店長(30)は振り返るが、杞憂(きゆう)だった。一カ月足らずで口コミでおいしさが伝わり、開店前から行列ができた。1日に約800斤焼き上げるが、閉店前に売り切れることも多い。
 阿部店長は「パンは多くの種類があるが、原点となる食パンそのもののおいしさを味わってほしい」とPRする。

<メモ>食パン1斤(432円)と2斤(864円)。住所は仙台市青葉区大町2の2の2。営業時間は午前11時〜午後6時(本数限定のため、完売次第終了)。定休日は火曜。連絡先は022(393)6526。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月02日木曜日


先頭に戻る