宮城のニュース

旧支倉小で4日「秋の収穫祭」 餅やサンマ食べて交流

 川崎町支倉の旧支倉小で4日、地域交流イベント「秋の収穫祭」が開かれる。
 つきたての餅を午前11時半と午後3時、焼きサンマを1時にそれぞれ振る舞う。ワインや地元産の野菜、特製シチューを販売するほか、旧支倉小の利用に関する意見交換会も開く。
 地域住民と町、東北農都共生総合研究所(仙台市)でつくる支倉小活用・地域振興協議会が初めて企画した。研究所は来年夏、旧支倉小を活用し、食と農をテーマにした観光交流施設を開設する。
 午前11時〜午後4時。入場無料。上履き持参。連絡先は研究所022(796)0336。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月03日金曜日


先頭に戻る