宮城のニュース

<サイクルロゲイニング>まちの「秘境」自転車で探索 野外スポーツゲーム楽しむ

チームごとにルートを決め出発する選手

 仙台市泉区西部の観光名所や史跡などを自転車で巡ってポイントを競う野外スポーツゲーム「泉サイクルロゲイニング〜まちの秘境探索」が3日開かれ、15チーム38人が泉ケ岳周辺や根白石地域を駆け巡った。
 泉青年会議所(JC、泉区)が今年初めて企画。当初は10月29日に開催予定だったが雨で延期になった。
 サイクルロゲイニングは、自転車でチェックポイントを巡り、付与されている点数の合計を競うゲーム。
 泉JCは泉ケ岳、七北田ダム、光明の滝など計23のポイントを設定。選手たちは旧仙台農協根白石支店跡を発着点に、3時間の制限時間内で自分たちのコースを組み立て点数を競った。
 泉JCまちづくり委員会の高橋長英委員長は「自然豊かな西部地区の魅力を生かし、今後も大会を盛り上げて、地域活性化につなげていきたい」と話した。


2017年11月04日土曜日


先頭に戻る