宮城のニュース

<楽天>ドラフト4位渡辺「結果で応える」気合十分

東北楽天の山田スカウト(左)から指名あいさつを受けた横浜商大の渡辺

 東北楽天の長島哲郎スカウト部長らが3日、横浜市の横浜商大野球部グラウンドを訪問し、4位指名した渡辺佑樹投手(21)にあいさつした。
 先発候補として期待される渡辺は最速144キロの直球を軸に、チェンジアップなど打者のタイミングをずらす変化球を得意とする。これまで全国の舞台で登板したことがなく、地方を含め大会で優勝した経験もない。「結果が出ていない野球人生。それでも指名された。結果で応えたい」と気合十分だ。
 同大の佐々木正雄監督は「心配していない。伸びしろがあり、プロで化ける。やってくれるだろう」と教え子の奮起に期待した。
 東北楽天は今季、則本、岸、美馬の3本柱がフル回転し、4年ぶりにAクラス(3位以上)に滑り込んだ。しかし、規定投球回に達した左腕はおらず、先発サウスポーは補強ポイントだった。担当の山田潤スカウトは「球速表示以上に速く感じる球が魅力。ピンチに動じないハートの強さもあり、先発争いに加われる楽しみな投手だ」と語った。


2017年11月04日土曜日


先頭に戻る