宮城のニュース

<わたしの道しるべ>催し仕掛け地域に刺激 ビールイベントに1500人

◎岩沼市商工会青年部長 千葉光さん(33)=名取市

 住民同士の交流の場をつくり、まちを活性化させようと、毎年夏にJR岩沼駅前の広場でビールイベントを主催しています。2014年に始まり、今年で「4杯(回)目」。天候にも恵まれ、過去最高の約1500人が集まりました。
 イベント名は「いぎなり冷(ひゃ)っこいルービー飲むすぺ」。1杯(回)目が始まる前、夜遅くまで話し合ったものの決まらず、メンバーの一人が「もうルービー飲むすぺ」と言ったのが採用されました。愛知県出身なので方言のインパクトがすごくて、好感を持ったことを覚えています。
 生ビール1杯(500ミリリットル)500円。参加者の多くは1、2杯飲んで周辺の居酒屋に流れます。店長さんたちからは「客が増えすぎて断るくらいだ」とうれしい悲鳴が上がっています。長く続くイベントにしていきたいですね。
 東北に限りませんが、地方都市は元気がありません。「ルービー」以外にもイベントを仕掛け、岩沼をキラリと光る存在にしていきたいと考えています。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月05日日曜日


先頭に戻る