宮城のニュース

<楽天>吉持ら3選手現状維持 契約更改始まる

 東北楽天は4日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉を始め、吉持亮汰内野手ら3選手と来季契約を結んだ。
 吉持は現状維持の1200万円でサイン。入団2年目の今季もけがに泣き、イースタン・リーグで出場14試合にとどまった。「球団に迷惑を掛けた。自分が情けない」と厳しい表情で語った。
 昨年6月の試合で右手首に死球を受けて骨折。今季の春先は痛みに耐えながらプレーを続けたが、夏場に手術を受け、その後はリハビリに励んできた。二塁の定位置取りを来季の目標に掲げ、「全力プレーできる体をつくり、春のキャンプでスタートダッシュを切りたい」と意欲を見せた。
 イースタン・リーグで登板5試合に終わった西口直人投手は600万円、高卒新人の野元浩輝投手は500万円の現状維持でそれぞれ合意した。(金額は推定)


2017年11月05日日曜日


先頭に戻る