宮城のニュース

多賀城のご当地体操「多賀モリ会」が結成10周年イベント 新たに体操第二も披露

多賀モリ体操第二が披露された記念イベント

 多賀城市のご当地体操「多賀城元気モリモリ体操(多賀モリ体操)」の普及を進める多賀モリ会(135人)は10月24日、市文化センターで結成10周年記念イベントを開き、会員や市民ら約400人が参加した。
 和泉匡倫会長が「ご当地体操で元気に生き生き。今後10年、20年と続けたい」とあいさつした。東北大スポーツ科学教育室の藤本敏彦准教授の講演や会員による公民館などを拠点にした活動紹介のほか、新たに作った多賀モリ体操第二が披露された。
 同市の主婦三浦泰(たい)さん(77)は「週3回、ストレッチと筋トレをしている。運動がぼけ防止につながることが分かり、これからも続けたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年11月06日月曜日


先頭に戻る