宮城のニュース

<アイリスフーズ>パックご飯の一部変色 6万個回収へ

 アイリスオーヤマグループのアイリスフーズ(仙台市)は6日、パックご飯「低温製法米のおいしいごはん」シリーズの一部にカビなどの微生物による変色などが確認されたとして、計約6万2000個を自主回収すると発表した。
 対象はいずれも角型シリーズで、120グラムの10食入り、150グラムの1食と3食と10食入り、180グラムの3食と6食と10食入りの計7商品。賞味期限は2018年6月27日〜7月11日。
 アイリスによると、商品の流通過程でご飯を密封しているフィルムが何らかの衝撃によって剥がれ、外気に触れたことが原因。保健所の検査で、生産ラインに問題はなかったという。
 アイリス広報は「検出された微生物は自然界に広く存在し、食中毒菌ではない。健康被害は確認されていないが、万全を期すために回収する」と説明した。
 連絡先はアイリスフーズ(0800)8886060。時間は平日午前9時〜午後5時。土日・祝日は午前9時〜正午、午後1〜5時。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月07日火曜日


先頭に戻る