宮城のニュース

<陸羽東線>全線開通から100年 沿線住民乗せ記念列車

車内で記念撮影してもらう親子

 全線開通から100年を迎えたJR陸羽東線(小牛田−新庄)で6日、沿線の宮城県の大崎市と美里町の住民らを乗せた記念列車が走った。
 リゾートみのりと風っこストーブ湯けむり号の連結列車は、約40人を乗せて小牛田駅を出発。古川駅から市が募集した親子ら約180人が乗り込み、鳴子温泉駅までの小旅行を満喫した。
 車内には子どもたちが応募時に描いた列車の絵が飾られた。子どもたちは特製フレームを使って記念撮影してもらい、車掌体験で車内放送にも挑戦した。
 初めて陸羽東線に乗ったという同市古川の秋山侑希人(ゆきと)ちゃん(5)は「とっても楽しかった」と笑顔を見せた。鳴子温泉駅では伊藤康志市長らが出迎えた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月07日火曜日


先頭に戻る