宮城のニュース

有名人の偽サイン入りグッズをネットオークションで販売した疑い 仙台の男女4人逮捕 

主犯格とされる男の自宅アパートに向かう捜査員ら=7日午前11時ごろ、仙台市青葉区宮町1丁目(画像の一部を加工しています)

 有名人の偽のサイン入りグッズを販売したなどとして、宮城県警サイバー犯罪対策課と岩沼署は7日午前、詐欺の疑いで、仙台市青葉区宮町1丁目、自称会社員の男(29)ら市内の20〜60代の男女4人を逮捕した。
 捜査関係者によると、4人は共謀して昨年10月下旬〜今年6月、福島県ゆかりの人気ボーカルグループ「GReeeeN(グリーン)」のメンバーや女優の石原さとみさんらの偽のサイン入り色紙や、写真などをインターネットのオークションサイトに出品。落札した北九州市や埼玉県八潮市、茨城県龍ケ崎市の男女3人に計約1万1600円を振り込ませ、だまし取った疑いが持たれている。
 宮城県警は6月、主犯格とみられる自称会社員の男の自宅アパートなど関係先3カ所を家宅捜索。偽のサイン入りグッズや使用前の色紙、ペンなど計1800点以上を押収した。
 男ら4人は2013年6月ごろから犯行を繰り返していたとみられ、これまでに約1万4000点を販売し、売り上げは約3000万円に上るという。県警が余罪の裏付けを進める。
 男の自宅アパートには7日午前11時ごろ、捜査員8人が訪れ、室内にいた男を逮捕した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月07日火曜日


先頭に戻る