宮城のニュース

GReeeeNや石原さとみ…有名人の偽サイン入りグッズをネット販売 仙台の4人逮捕

宮城県警が公開した偽のサイン入りグッズなどの押収品=岩沼署

 有名人の偽のサイン入りグッズを販売したなどとして、宮城県警サイバー犯罪対策課と岩沼署は7日、詐欺の疑いで、仙台市青葉区宮町1丁目、自営業六波羅雄飛容疑者(29)ら男女4人を逮捕した。
 他に逮捕されたのは、雄飛容疑者と同居するパチンコ店従業員片岡まどか(25)、母親で会社経営六波羅弘美(69)=太白区長町3丁目=、無職兼子雄太郎(31)=同区金剛沢3丁目=の3容疑者。
 逮捕容疑は共謀して昨年10月25日〜今年6月5日ごろ、福島県ゆかりの人気ボーカルグループ「GReeeeN(グリーン)」のメンバーや女優石原さとみさんらの偽のサイン入り色紙や写真などをインターネットのオークションサイトに出品。落札した北九州市の女性会社員(48)ら男女3人に3600〜5001円を振り込ませ、だまし取った疑い。
 県警によると、弘美容疑者は認否を保留し、他の3人は否認している。
 県警は6月、主犯格とみる雄飛容疑者の自宅など3カ所を家宅捜索。偽のサイン入りグッズや使用前の色紙、ペンなど計約1800点以上を押収した。
 4人は2013年6月ごろから同様の出品を繰り返し、1点当たり2000〜1万円で販売。昨年だけでも全国の延べ約6000人に約1万4000点を販売し、約3000万円をだまし取ったとみられ、県警が裏付けを進めている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月08日水曜日


先頭に戻る