秋田のニュース

声を掛けて抱っこして…乳児院の子を「幸せに」紀子さまが秋田訪問

秋田赤十字乳児院を訪問される紀子さま=7日午後4時40分ごろ、秋田市(代表撮影)

 秋篠宮妃紀子さまは7日、秋田市で開かれた日本赤十字社秋田県支部創立130周年記念県赤十字大会に出席するため来県された。
 県民会館であった大会には赤十字奉仕団員ら約1400人が参加。日本赤十字社の名誉副総裁を務める紀子さまは冒頭、7月に県内であった大雨災害時の活動に触れ、「さまざまな形での活動を心強く思っています」とねぎらった。
 事業に功績があった個人と団体に、紀子さまが「有功章」を手渡した。
 この後、0〜3歳児24人が暮らす同市の秋田赤十字乳児院を視察。保育室で膝をついて乳幼児一人一人に声を掛けたり、抱っこしたりした。職員には「子どもたちの幸せにつないであげることが大切ですね」などと話したという。
 紀子さまは8日、仙台市で開かれる日本赤十字社宮城県支部創立130周年記念赤十字大会に出席する。


関連ページ: 秋田 社会

2017年11月08日水曜日


先頭に戻る