宮城のニュース

暴行の疑いで組員逮捕 首にショルダーバッグのベルト押しつける

 仙台中央署は8日、暴行の疑いで、本籍石巻市、指定暴力団系組員、無職青戸清志容疑者(57)を逮捕した。逮捕容疑は7月21日午後1時50分ごろ、仙台市青葉区の駐輪場で、同区のアルバイトの男性(58)の首にショルダーバッグのベルトを押しつけ暴行した疑い。同署によると、2人は知人で、金銭トラブルが原因とみられる。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月09日木曜日


先頭に戻る