秋田のニュース

<ととフェス>地魚の魅力かみしめて 11、12日秋田で開催

魚と大漁旗をモチーフにした地魚フェスティバルのポスター

 秋田県内で取れる魚が味わえる「地魚フェスティバル〜秋田ととフェス〜」が11、12の両日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場である。県や県漁協で構成する秋田の地魚消費拡大協議会の主催。飲食や物販、催しを通して地魚に関心を持ってもらう狙いがある。
 鮮魚や焼き魚、缶詰などの加工品を販売。焼きたてを食べられるコーナー、地酒やご当地グルメの屋台もある。ステージでは漁師の妻たちによる魚のさばき方講座、旬の魚を使った鍋料理の振る舞い、トークショーなどがある。
 フェスティバルは2019年秋に秋田市で開かれる「第39回全国豊かな海づくり大会」の記念行事で、今回が初めての開催。午前10時〜午後4時。連絡先は県水産漁港課018(860)1888。


関連ページ: 秋田 社会

2017年11月09日木曜日


先頭に戻る