宮城のニュース

仕事の悩み、生き方、夫婦の問題…悩み抱える男性に救いを 仙台市が初の電話相談

仙台市が作った男性向けの電話相談の告知チラシ

 仙台市は13〜15日、人間関係や仕事に悩む男性向けの電話相談を受け付ける。市が男性を対象とした相談窓口を設けるのは初めて。「男らしさ」などの伝統的価値観と現実とのずれにストレスを抱える男性は多く、市は「気軽に相談してほしい」と呼び掛ける。

 夫や父親としての役割へのプレッシャー、自分らしさと現実とのギャップといった生き方の問題、仕事の適性など職業に関する悩み、夫婦や男女間の問題に男性の専門相談員が応じる。相談者と共に悩みについて考え、解決の糸口を探る。
 市によると、仙台市以外の19政令指定都市全てに男性を対象にした常設の相談窓口がある。今回の電話相談は、常設窓口のニーズを探る狙いもある。
 市男女共同参画課の担当者は「男性は悩みを相談する機会が少なく、ため込んでしまう傾向にある。自分らしく生活する手助けができればいい」と話す。
 受け付けは午後6〜9時で、通話料がかかる。連絡先は080(2845)1306。
 市はドメスティックバイオレンス(DV)に悩む女性向けの無料電話相談も12日まで開設している。常設の電話対応に加え、期間限定で通話料無料のダイヤルを設けた。午前9時〜午後5時で、フリーダイヤル(0120)268177。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年11月11日土曜日


先頭に戻る