宮城のニュース

<仙台駅東口>駅と街、気軽に交流 ゼップ仙台跡地「エキツジ」オープン

JR仙台駅東口にオープンし、食事などが楽しめるエキツジ

 JR東日本が仙台駅東口に整備した「EKITUZI(エキツジ)」が10日、オープンした。交流スペースを中心に飲食店が立ち並ぶ施設。イベント会場としても利用でき、市民と観光客、出張者らが気軽に交流できる場所を目指す。
 ライブホール「Zepp Sendai(ゼップ仙台)」跡地に開設し、面積は約1700平方メートル。居酒屋や焼き肉店など6店がプレハブで出店し、フードカー2台を常設する。
 営業は1年半をめどにした期間限定。JR東は現地にオフィスビル建設を構想しており、計画が固まるまで暫定的に運営する。
 この日は記念のセレモニーが現地であり、JR東仙台支社の坂井究支社長は「駅と街が交流し、さらに仙台が発展してほしいという願いを込めた」とあいさつ。関係者が鏡開きをしてオープンを祝った。
 友人と訪れた仙台市太白区の専門学校生浅野桃花さん(18)は「毎日通る場所なので便利。全部の店を利用したい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月11日土曜日


先頭に戻る