宮城のニュース

<瑞鳳殿>秋惜しむ桃山の宵鮮やか ライトアップ始まる

LEDのライトに照らされ、色鮮やかに浮かび上がる瑞鳳殿の本殿=10日午後5時ごろ、仙台市青葉区

 仙台市青葉区の瑞鳳殿で10日、本殿などのライトアップが始まり、豪華絢爛(けんらん)な桃山様式の幻想的な姿が闇に浮かび上がった。11、12日と17〜19日も行われる。
 昼光色の発光ダイオード(LED)が点灯されると、極彩色の本殿が鮮やかに照らし出された。本殿へ向かう階段にはろうそくがともされ、涅槃(ねはん)門の前で色づき始めたイロハモミジが彩りを添えた。
 栃木県から旅行で訪れた会社員室井孝之さん(40)は「本殿はきらびやかで、迫力があった」と話した。
 ライトアップは午後5〜7時30分(最終入館午後7時)。連絡先は瑞鳳殿022(262)6250。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月11日土曜日


先頭に戻る