宮城のニュース

<震災6年8ヵ月>不明者捜索 海岸線を丁寧に

レーキを使って一斉捜索する署員ら

 東日本大震災の月命日を前に宮城県警河北署は10日、石巻市雄勝町の海岸で行方不明者の捜索を実施した。
 地元住民の情報提供を受けて、海岸線約200メートルを捜索。署員5人は、海岸に積み重なった流木や漁具をレーキでかき分けたり、岩場の陰に目を凝らしたりして手掛かりを捜した。
 捜索した署員は「不明者につながるものを一つでも見つけて家族に返したい。住民の声に耳を傾けながら、今後も捜索を続けていきたい」と話した。
 石巻市内の行方不明者は10月末現在で425人。うち河北署管内は181人の行方が分かっていない。


2017年11月11日土曜日


先頭に戻る