宮城のニュース

<メガホン>再会「運命的なものを感じた」阪神指名 馬場と熊谷

 「全く予感はなかった。運命的なものを感じました」
 10月26日にあったプロ野球ドラフト会議。阪神はともに仙台育英高出身の馬場皐輔投手(仙台大)を1位、熊谷敬宥内野手(立大)を3位指名した。スカウトのあいさつを受けた熊谷の表情は、うれしさと驚きが交じり合っていた。
 2人は仙台育英高3年時、上林(ソフトバンク)らと共に春夏連続で甲子園出場を果たした。夏の1回戦は選抜覇者の浦和学院(埼玉)。好救援した馬場に熊谷がサヨナラ打で応えたのは記憶に新しい。4年前の投打のヒーローが、甲子園を本拠地にプロ生活を始めるというのも縁を感じる。
 ドラフト後、2人はすぐに連絡を取り合ったという。帰省時は母校で一緒に練習する仲だ。「年明けの自主トレーニングも一緒にやったらいいじゃないか。決まりだな」。2日に立大であった指名あいさつで、球団関係者に肩をたたかれた熊谷はにこっと笑った。
 「IKUEI」のユニホームを脱いでから4年。伝統の縦じまにそろって袖を通す。「2人で切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」と熊谷。厳しい競争社会で互いに強力な味方を得た。(剣持雄治)


2017年11月11日土曜日


先頭に戻る