福島のニュース

<福島・下郷遺体遺棄>別の場所で殺害?「運んで捨てた」供述

 福島県下郷町の河川敷に行方不明の男性とみられる遺体が埋められていた事件で、死体遺棄容疑で逮捕された容疑者が「遺体を運んで捨てた」と供述していることが10日、捜査関係者への取材で分かった。福島北署捜査本部は男性が別の場所で殺害されたとみて調べている。
 逮捕されたのは、同県国見町藤田、無職星久宏(39)、弟のさいたま市桜区、大工星賢二(35)の両容疑者。同日の司法解剖で、遺体は男性と判明。一部は白骨化していた。
 捜査本部によると、遺体は福島県出身で、昨年6月から行方不明になっている宇都宮市の40代男性の可能性が高いという。仕事を通じて久宏容疑者と知り合い、賢二容疑者とも面識があったとみられる。
 両容疑者は下郷町出身で、捜査本部は男性を別の場所で殺害後、土地勘のある現場に遺棄した疑いが強いと判断。久宏容疑者が犯行を主導したとみて、殺人容疑での立件を視野に入れながら詳しい経緯や動機を捜査している。
 2人の逮捕容疑は共謀して昨年6月ごろ、遺体を遺棄した疑い。ともに容疑を認めている。


関連ページ: 福島 社会

2017年11月11日土曜日


先頭に戻る