宮城のニュース

<楽天>ドラフト5位の田中が入団合意 背番号50「本塁打50本打つ」

愛敬スカウト(右)に帽子をかぶせてもらう田中

 東北楽天は12日、ドラフト5位指名した田中耀飛(あきと)外野手(21)と、大阪市内で入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸700万円で入団合意した。
 長島哲郎スカウト部長らと交渉し、登録名は「耀飛」、背番号は「50」に決まった。田中は「耀飛は母親が付けてくれて気に入っている名前。50には本塁打50本打つという意味を込めた」と力強く語った。
 芦屋大に通いながら、独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ、兵庫ブルーサンダーズで野球に打ち込み、今季はリーグ首位の本塁打15本を放った。パワーの源となっている胸板と二の腕は、球団担当者も目を見張るほどたくましく、「目標は西武の中村剛也選手。(今季で退団した)松井稼頭央選手のようなファンに愛される選手にもなりたい」と意欲を語った。
 担当の愛敬尚史スカウトは「魅力は飛距離。逆方向にも飛ばせる。2位岩見(雅紀外野手)と勝負してチームを引っ張り、今いる選手にも刺激を与えてほしい」と期待した。(金額は推定)


2017年11月14日火曜日


先頭に戻る