宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台市の会社役員女性 200万円被害

 泉署は14日、仙台市泉区の会社役員女性(74)が特殊詐欺で現金200万円とキャッシュカード2枚、クレジットカード1枚をだまし取られたと発表した。同署によると、13日午前11時ごろ、女性方に金融機関や警察官などを名乗る複数の男から「詐欺の被害に遭っている恐れがある」などと電話があった。女性は指示に従い、銀行協会職員を名乗る男にカード3枚を渡し、暗証番号などを伝えた。同日中にキャッシュカードが使われ、現金が引き出された。


関連ページ: 宮城 社会

2017年11月15日水曜日


先頭に戻る