青森のニュース

旧海軍偵察機、静かに歴史語る「彩雲」の垂直尾翼展示 三沢航空科学館

展示された彩雲の垂直尾翼
模型の箱絵にある「彩雲」の全体図。模型は現在、販売されていない

 三沢市の青森県三沢航空科学館で今月、旧日本海軍の艦上偵察機「彩雲(さいうん)」の垂直尾翼の正式展示が始まった。大崎市の愛好家から科学館が借りて紹介。機体の一部を含めて国内に実物はほとんどないといい、科学館は「一緒に展示されている旧陸軍機の実機と合わせ、本物の機体から全体の姿を想像してほしい」とPRする。
 科学館によると、彩雲は1943年に試作機が完成し、翌44年に運用開始。機体は3人乗りで398機が生産された。最高時速639キロを記録するなど旧日本海軍で最速の航空機だった。
 展示されている尾翼は太平洋戦争中のテニアン島で捕獲された機体の一部。米国の元海兵隊員が調査のため他の部品と共に本国に持ち帰った。その後、遺族がアンティークショップに出品。大崎市の愛好家小野寺強さんが購入した。
 小野寺さんはこれまで、科学館にさまざまな航空機や戦闘機の模型を寄贈するなどしている。今回、尾翼の存在を多くの人に知ってもらうため、各地の博物館に貸し出したいとの意向があり、科学館での展示が実現した。
 会場には尾翼のほか、中央座席の搭乗員が使った計器盤などもある。科学館渉外広報グループの引地勝博マネジャー(65)は「この尾翼は物言わぬ歴史の証人。本当に貴重な実物をぜひ見てほしい」と話す。
 展示予定は2018年10月まで。連絡先は三沢航空科学館0176(50)7777。


関連ページ: 青森 社会

2017年11月15日水曜日


先頭に戻る