宮城のニュース

<働き方改革>ICTシステム、仙台でPR リコー

テレビ会議用のシステムなどをPRした展示会

 リコーの販売子会社リコージャパン(東京)が企業の課題解決につながる製品や技術をPRする法人向け展示会が15日、仙台市青葉区のホテルであった。働き方改革の推進をメインテーマに、情報通信技術(ICT)活用のシステムやオフィス用品などを紹介した。
 働き方改革のコーナーでは同社が実際に導入したテレビ会議用機器や、会議や営業活動をペーパーレス化するシステムを紹介。残業時間の削減につながった勤怠管理の仕組みなども説明した。
 同社はセキュリティーや省エネも含むオフィス全体の改善を提案している。青葉区の宮城支社では企業など向けに「オフィス見学ツアー」を実施しており、今年4〜9月には約150社が参加。宮城支社の担当者は「労働時間が短縮され、有休消化率も向上した。オフィスづくりの参考にしてほしい」と話した。
 展示会ではセミナーもあり、宮城県内を中心に企業経営者ら約1000人が来場した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月16日木曜日


先頭に戻る