宮城のニュース

道南と北東北 冬の味力ずらり 18、19日仙台で「食旅フェスタ」

食旅フェスタのPRをする実行委のメンバー

 仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で18、19日、「みなみ北海道・北東北 食旅フェスタin仙台」が開かれる。道南と北東北の温かいグルメが勢ぞろいし、北国の冬ならではの観光をPRする。
 函館市や八戸市などの自治体や地域団体でつくる実行委が初めて企画した。計42のブースが出店し、函館塩ラーメンやジンギスカンなどご当地グルメのほか、水産加工品やスイーツ、弘前のリンゴといった名産品を並べる。民謡ライブやクイズ大会のステージイベントもある。
 昨年3月の北海道新幹線新青森−新函館北斗間の開業を契機にした観光客誘致や周遊観光の促進が狙い。函館市職員ら実行委メンバーやご当地キャラクターが17日、仙台市役所を訪れ「豊かな食や観光スポットなど、南北海道と北東北には冬だからこそ楽しめる魅力がある」とPRした。


関連ページ: 宮城 経済

2017年11月18日土曜日


先頭に戻る