秋田のニュース

目指せ「美肌日本一」秋田県、ポーラと協定 就活メーク講座や健康セミナーで後押し

協定締結後、ミスあきたこまちと並ぶ横手社長(右から2人目)と佐竹知事=16日午後2時45分ごろ、秋田県庁

 化粧品会社のポーラ(東京)と秋田県は16日、「美肌県日本一」に向けた取り組みなど「美」に関わる幅広い分野での包括連携協定を締結した。同社が自治体と協定を結ぶのは初めて。
 具体的な事業として、学生が就職活動をする際のメーク講座などの就職支援や生活習慣の改善に向けた健康セミナーの開催、県産品PRへの協力などを行う。
 協定は、同社が県に提案して実現した。県庁であった締結式で、横手喜一社長は「『秋田美人』のイメージがあって、美と美肌にこだわりのある秋田の力になれる」と強調した。
 同社が11月上旬に発表した「美肌県グランプリ2017」では、秋田は全国3位だった。県は健康寿命日本一を施策に掲げており、佐竹敬久知事は「健康と肌は関係がある。名実ともに日本一を目指せるといい」と述べた。


関連ページ: 秋田 経済

2017年11月17日金曜日


先頭に戻る