秋田のニュース

地上イージス配備反対 秋田、県平和委署名開始へ

 秋田県平和委員会(川野辺英昭代表理事)は17日、北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛の新規装備となる地上配備型迎撃ミサイル「イージス・アショア」の配備候補地に秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が含まれていることを受け、配備反対の署名を19日にJR秋田駅前で始めることを明らかにした。
 また、県平和委員会と安保破棄県実行委員会、原水爆禁止県協議会は17日、佐竹敬久知事と穂積志秋田市長宛てに、配備に反対するよう文書で申し入れた。
 申し入れ後に県庁で開いた記者会見で、川野辺代表理事は「候補地の近くには住宅地がある。配備反対の世論を高めたい」と訴えた。


関連ページ: 秋田 社会

2017年11月18日土曜日


先頭に戻る